プランタン

銀座にあるプランタン。看板にはPRINTEMPSと書いてあります。これ、どうやったら「プランタン」と読めるのだろうか?というのが前から疑問でした。

プランタン銀座店

プランタン銀座店

先に答えを書いてしまうと、これはフランス語です。私はいろいろな国の言葉を勉強してみようと思い、その中の1つであるフランス語の発音を勉強していました。一通り勉強し終わった頃。銀座を歩いていてプランタンが目に入りました。そこでようやく気づきました。

「そうか、これはフランス語なんだ。」

フランス語では、inの発音はɛ~、emの発音はɑ~となります。本当はɛの真上に~が来ますが、パソコンに文字がないため、ɛ~と書いています。(ɑも同様。)ɛ~は「エ」を鼻にかけて発音されます。ɑ~は「ア」を鼻にかけて発音されます。

c, r, l, f以外の子音が語尾にあっても、それらを発音することはありません。なおrはʁと発音されますので、「ラ」という発音は間違っています。正しくはタンを出すときのカーっという音です。・・・ひどい例えですが。

というわけで、すべてを足すと「プランタン」となる訳ですね。

ということは、もしかしてフランスにも「プランタン」があるのでは?と思った人は自分だけではないはず。というわけでプランタンのホームページに行ってみると・・・

「フランス・パリの百貨店プランタン」

というリンクがありました。実際に行ってみました。

プランタン パリ店

プランタン パリ店

これが本店なのか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。